インターンシップ体験記

はじめに

毎年、当社インターンシップにたくさんのご応募をいただき、
誠にありがとうございます。

インターンシップを体験して頂いた方だけではなく
少しでも多くの方に当社のことを知っていただきたいと考え
「インターンシップ体験記」を設けさせて頂きました。

「インターンシップ体験記」は総合職インターンシップに
参加いただいた学生の皆さまに、ご協力をいただき作成いたしました。
ゲーム会社の舞台裏を体験し、実際に感じたこと、聞いたことを
レポートとしてまとめていただいたものを掲載しております。

2017年インターンシップ

日本一ソフトウェアのインターンシップに参加した私たちが、この会社で見た事・聞いた事を皆さんにお伝えします。
魔界戦記ディスガイア」「魔女と百騎兵」で有名な日本一ソフトウェアは、ゲームの販売・開発をするだけではなく、どちらか一方に重視して業務に携わることもあります。さらに、漫画や小説、アニメなどのメディアミックスへの進出や展開もしている企業です。

はじめに、ゲーム制作の花形である開発部制作一課マネージャー 太田さん開発部制作二課マネージャー 海道さんにお話を伺いました。


【開発部制作一課マネージャー】太田さん 【開発部制作二課マネージャー】海道さん 

開発部制作課マネージャーの仕事は、開発部の人材管理・育成、プロジェクトの予算管理と人員配置などです。プロジェクトの予算や時間を第三者的に管理したり、プロジェクトに携わる開発スタッフの人数や人員の調整をかけたり、開発スタッフが安心して商品を作れるような環境づくりを心掛けています。その際、正確な情報を伝えられるように丁寧なコミュニケーションをとることを重視しています。そして、この仕事のやりがいは、ユーザーの方だけではなく、ゲーム開発から商品の販売までの過程で関わる全ての方々に喜んでいただくことです

次に職場環境についてお二人に伺いました。

職場環境は、若い方が多く、発言がしやすいフランクな雰囲気です。どの部署のスタッフでも自分が考えたゲームの企画を提案することができる企画祭が1年に1回設けられており、やる気があれば、若手でも活躍することができます。またスケジュール通りに制作を進めること、予算や納期を守るという考えのもと、お仕事をするのが基本なので、定時に帰ることが出来、プライベートと仕事が両立しやすいです。

最後にお二方に就職活動をしていく学生に向けてのアドバイスを頂戴しました。

太田
アドバイスとしては、会社ごとに、商品や理念が異なるから、自分の能力を活かす場があり、経営理念に共感でき、興味のある会社を調べることが大事です。

海道
これは社長の教えなのですが、何か一つ「武器」を持っておくことです。誰にも負けない得意分野を持っていると、気づかないうちにそれに付随した能力も備わっている(例えば「絵を描く」という特技は、「集中力」がありますよね)ということもありますので、就職活動をしていく上で武器になりえます。


次に、営業部のプロデュース担当の菅沼さんライセンス担当の深津さんに話を伺いました。

「どんな人でもその人の良さを引き出すのが私の仕事です。」


【営業部 プロデュース担当】菅沼さん

プロデュース担当の仕事は、自社や他社から請けた企画をかたちにすることで、プロデューサーとも呼ばれています。プロデューサーと聞くとたくさんの人に指示しているように思われるかもしれませんが、実際には一緒に働いている方々が働きやすいような環境を作ることを一番意識しています。もともと営業でゲームの販売を促すプロモーションの仕事をしており、その中で「売りやすいゲームを自分で作ってみたい」と思ったことがきっかけです。
プロデュース担当の仕事で大切なことは、大きな企画を動かしたいという夢を追い続ける一方で、いかに商品としてのゲームを作れるかといった現実的な視点をもつ、この二面性をもつことだと思っています。実際に自分の作ったゲームをプレーしてくれている人を見ると嬉しくなります。

「人目に触れるものを扱う仕事なので、最後まで気を抜くことはできません」


【営業部 ライセンス担当】深津さん

ライセンス事業では、自社のキャラクターの権利を使った商品の監修、商談、営業などを主に行っています。たとえば、他社に商品化していただけるようにキャラクターを売り込んだり、自社商品の書籍化の際に出版社から送られてきたイラストや文章に誤りがないかディレクターと一緒にチェックをしたりするなど、監修の窓口をするような仕事です。最近では、アプリゲームとのコラボやゲームの世界観をモチーフにしたカフェのコラボなどもしています。
タイトルの開発スタッフそれぞれがこだわりを持っておられるので監修作業は気をつけることが多く大変ですが、重版がかかったり、お客様からのよろこびの声をいただいたときはとてもやりがいを感じます。


最後に管理部から、経理課の佐々木さんと総務課の小池さんにお話を伺いました。

経理課の仕事は1ヶ月サイクルでの決算と、3ヶ月サイクルの四半期決算、年間の業績報告が主な仕事です。数字を扱う仕事なので常に正確性が要求される部署です。また、それらの数字がゲームの販売数や業績の予想につながり、マーケティングとは異なる切り口で会社の将来に関わっております。
総務課の仕事は開発や営業とは異なり、今回のようなインターンシップの運営、法務に書類申請などさまざまな仕事を行っています。仕事内容は多岐に渡りますが、様々な人と関わりながら、会社を影から支える部署です。

会社の中枢を担うお二人に、日本一ソフトウェアの特色とは?


【管理部経理課】佐々木さん

日本一ソフトウェアは若い社員が多く(社員平均年齢31歳)、その若さこそが今までにない新しい発想を生み出す原動力になっています。その代名詞として、当社には企画祭という、社員の誰でも企画を出せるイベントがあり、ここでは入社したばかりの社員でも、部署に関係なく開発の中心になることが可能です。プログラミングが出来なかったり、絵を描くことが出来なかったりしてもゲーム開発に携わることが出来る機会があります。このようなイベントを通して若い人でも積極的に開発に関われる職場です。
また、ゲーム好きにとっては周りにもゲームが好きな人がいるという環境はとても働きやすく、風通しのよい会社です。


【管理部総務課】小池さん

日本一ソフトウェアが求める人材とは?

人事理念にもあるように、失敗を恐れずに、自発的に行動し、新しいものを切り開く前向きな人を求めています。たとえ失敗したとしても、その過程の中で挑戦的な姿勢だったならばきちんと評価されます。また、管理部では株主総会で株主様に会社の現状報告をしております。会社の方針を尋ねられたときに、会社の方針に合わせつつ自分の考えをまとめる力も必要です。

上述したように、日本一ソフトウェアには企画部がないのですが、企画祭というイベントがあります。そこでは、入社一年目の人やプログラム・デザインが出来ない人でも自由にゲームの企画をすることが出来ます。そういったイベントは独特で、開発部以外の人でもゲームの開発に参加できるということはとても魅力的だとおもいました。またとてもフレンドリーな社風で、インタビューをした際も社員のみなさんがとても親切な対応をしてくださったのでとても充実した一日を過ごすことができました。